2018年7月〜10月 セミナー報告

日時
平成30年度 7月〜10月
講師
前敦賀短期大学教授 龍谿乘峰氏

平成30年度の7月から10月までの保護者セミナーは、出張相談会と同時開催で実施しました。各回とも龍谿先生に講師をお願いし、奥越、坂井、若狭、二州の4つの地域をまわりました。内容は、先生が専門とされる家族療法で、膠着した家族関係の変化に視点をおいたものです。

先生のカウンセリングでは、彫像化やファミリーマップという技法を使いながら、ご本人とその家族の心理的な位置関係や気持ちの向きを視覚化し、言葉にしていくことで無意識の思いに気づき、家族関係の再構築を促します。セミナーでは、実際に先生が対応されたケースから、家族同士の思い込みや決めつけ、とらわれがひも解かれるプロセスを話されました。

家族関係のアンバランスを調整するために現れた娘の問題行動、母親が息子に対するさまざまな思いや葛藤を父親に向けて言葉にしたことで、息子の就職に結びついたケースなど。先生は、家族内の混乱にカウンセリングが介入することで、小さな変化の連続が、次のライフステージへ変わる役割を担うことを話されました。

開催当日は、普段福井の方まで足を運べない方々が参加されました。セミナー後の先生との意見交換では、日ごろの悩みや疑問を皆さんと分かち合いながら、先生の言葉に耳を傾けていました。

この記事の組織名や役職などの情報は、公開当時(2018年10月30日)のものです。予めご了承ください。