MENU

意外に多い転職希望の看護師

看護師という仕事やその待遇は、比較的に安定しているように思われています。しかし実は意外なほど流動的な環境なのです。退職届けを出して転職する方が非常に多く、それを裏付けるかのように、どこの病院でも看護師の求人を出しています。では何故転職するのでしょうか。一般の企業にも見られるような人間関係の問題や給与・労働条件の問題も当然あるのですが、看護師ならではの理由も多く見られます。それはスペシャリストとしてのスキルアップを望む時です。

 

何しろ難関の国家試験を突破して得た資格です。医療の最前線で活躍するプロフェッショナルとして、もっと自分の能力を高めたい、または十分に発揮したい、そんな気持ちが高まった時に転職を考えるのです。現在の職場環境への不満でもある訳ですが、より快適な環境を求めているのとは少し違うことが分かります。そして前提として、転職先がたくさんある売り手市場であることが拍車を掛けています。

 

いずれにしても看護師の転職における根本的な動機は、仕事と自分に対しての意識の高さの現れとも定義付られるでしょう。医療は奥が深く、終わりがありません。もしかすると、ある意味で看護師ほどやりがいのある仕事はないのかも知れません。

看護師の人員不足で転職したくなる時

看護師転職を行う時に人間関係の問題や待遇への不満、スキルアップ、結婚や引越しを機会に転職する等事情は様々ですが、医師や看護師不足が社会問題になっており病院によっては休みが取れない事で転職したくなるという例も多いです。

 

いざ転職を行うにしても激務の合間に転職活動を行う事は難しく、横の繋がり等があれば人員不足の無いキチンと休みの取れる病院を探す事も可能ですが、そういった繋がりがなく仕事をしながら看護師転職を行うとなれば、求人サイトや広告をチェックしながら探す事になります。転職エージェントを活用する事によって転職をサポートしてくれるメリットもありますし、情報収集が難しくて転職に不慣れな場合はそういったサービスを活用する事も望ましいです。

 

求人を見て待遇面が良くても休暇が取れない状況下で働き続けると心身に不調をもたらす事もありますし、家事やプライベートとのバランスを取りながら働くには休暇が取れる事は必要です。医師、看護師不足の現場ではギリギリの人員で回す事になり、職場全体が疲弊している場合も多く、何か急用があった場合でも時間を変えてもらう事にも気を使います、心身を休める余裕を持って職務を遂行しなければミスも増えますし、心身を疲弊し過ぎない職場選びは重要です。

看護師の私が辞めたくなった理由とは…
それは私が看護師ということで起こった出来事です。それは私の主人の父が肝臓がんで入院した時のことでした。私はこの職業のため休みも少なく時間も長い仕事です。それゆえに自分の主人の父が入院してもそんなに行くことはできませんでした。

 

ですから父方の親せきからは嫁が看護師なのに役に立たないとか付き添いもできないとか言われました。主人はきにすることはないと言ってくれましたが本当にきがかりなのに付き添いもできず悩みました。いっそのことやめてつきそいをしようかと考えたくらいでした。でも一時期のことで自分の職場を離れることはできませんでした。でもその代わりに主人がいつも行ってくれていました。それでも私なりにがんばって時間の空いたときはいつもいっていました。看護師は嫁にもらっても結局なにもならないとかばかり言われ本当に落ち込みました。でも私は今受け持ってる患者さんも大事なひとりです。

 

自分の都合で投げ出すことはできません。でも父はわkってくれていましたので十分してくれているといつもいったら行ってくれました。その言葉がすごく救われました。これからもいろんな事情がまだでてくると思いますが自分なりに一生懸命このしごとをがんばっていきたいと思います。でもいまは辞めなくてよかったと思っています。最後まで応援してくれてた今はいないちちのことえお思い出しました。